卒園式練習!

前回のお別れ遠足と同様に卒園を迎える子どもたちが経験する特別な行事です。今までの行事と違って由来を知る、歌をうたう、味を楽しむといった類のものではない初めて経験する特異な行事です。

何せ「動かない!」「きちんと待つ!」「きょろきょろしない!」…などという難題が子どもたちに降りかかります。

なんで動いてはいけないのか、なんで待たなければならないのか…子どもたちの頭の中には「?」マークがいっぱいになっていることでしょう。

社会通念上当たり前のように行われているこの儀式てきな行事ですが、これからの人生において何事にも「始まりと終わり」があり、そのタイミングにあっては「けじめ」という名の我慢が必要になるという事を今回の行事練習で知ることになります。

まだしっかりと理解できずとも、経験を重ねていくその一歩になるわけですね。

きちんとできたときは褒め、そうでないときには声をかけ、動かない練習をした分園外活動で発散をさせ…保育者の配慮も子どもたちの姿から手を変え品を変えます。

本番を迎えたときに子どもたちが「あれ?いつもと違う」というわずかな緊張感を覚えてもらうだけでも十分に行事の意味が生まれてくるのだと思います。

関連記事

  1. いよいよ新年度のはじまり

  2. 続々 いってらっしゃ~い!

  3. なわとび何回とべるかな?

  4. ほら!カメラ!見て見て!

  5. さくら咲く中…

  6. どうなってるの!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。