無認可保育園とは違い、好きな時期、場所、では開設できません。地方自治体の公募申請で認められた後の開設となります。開設までの期間は、概ね1年は必要となります。
認可保育園には2種類の事業があります。 ①小規模保育事業 ②認可保育所があり ①は定員12名~19名(0歳、1歳、2歳)3歳以上の受け入れ先が必須となり受入れ先保育園との契約が必要となります。
②20名以上が定員(0歳、1歳、2歳、3歳、4歳、5歳)が受入れとなります。他園との契約などは必要はありません。

開設までの必要業務イメージ

①事前相談

開設についてのご相談

ご契約

②公募調査

公募地域・地区の条件に合う物件を探します。

初期支援

③物件探し

公募地域・地区の条件に合う物件を探します。

④公募申請

地方自治体により違いますが、平面図、配置図、建物検査済証などの提出が求められる場合がありますので事前にお問合せをしましょう

開設前支援

⑤図面作成

開設規模の面積により定員数が変わりますが無駄のないレイアウトをいたします。(一般建築士による設計)

⑥公募書類

行政提出する提案資料の作成
(保育に関する資料、事前計画、資金計画、その他)

公募申請通過後の準備

⑦内装工事

行政書類、各種研修などのアドバイス、サポートをいたします。

⑧求人募集

定員に応じた保育士の確保が必要です。広告媒体の支援を致します。

⑨その他

ご要望があればHP作成、行政必要書類などのアドバイスをいたします。

開設後支援

⑩開園後運営

行政書類、各種研修などのアドバイス、サポートをいたします。

土地・不動産を所有している方々へ
保育園の売却を考えている方々へ

お電話でのお問い合せ  070-6485-1663

詳しい事業説明やご相談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。