暮れもせまってきましたが…

早いものでもう1年の保育が終わろうとしていますね。

子どもたちは1年の節目も何のその!寒空の下、元気にかけっこをして楽しんでいます。

大人がついつい体の不調を訴えるほどの運動量で駆け回る子ども達。さわやかな空気を吸い込みながら

良い運動をする時間が子どもたちにとってはとても楽しいようですね。

ただ、その後の汗拭きも大切な取り組みとなります。寒さはそのまま残っているわけですから汗が引く前、引いた後に体を冷やしすぎないように日向ぼっこをしたり、汗を拭いたり…。

夏場はもちろん冬場の運動遊びにも配慮が必要になって来るということは、1年中を通して外遊びに配慮は欠かせないという事になりますね。もっと話を広げると、保育もすべからく配慮が必要な仕事になると言えます。

1年間の子どもたちの健康と成長に感謝して、また来年を気持ちよく迎えられたらと思います。

関連記事

  1. はしれはしれ!

    いちについて…よーい!

  2. なわとび何回とべるかな?

  3. 桜の花

  4. どんなご飯がでてくるんだろ!

  5. 自然に寄り添えるということ

  6. タイヤってかっこいい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。