よろしくおねがいします!

朝の会、帰りの会は子どもたちの生活の始まりに期待感を持たせ、一日を振り返るための集まりとなっています。日中に合った出来事を思い出すほか、活動と言葉とを結びつける意味合いもあります。

ただ、そのすべてが子どもたちだけで出来るものではありませんから、職員がついて会の進行をする「お当番さん」の役を一緒に担う事もあります。

次第に慣れてくると、今度は人前で何かをする意欲が生まれてくることもあります。

また聞く立場に慣れてくると、話をしようとする人の気持ちを慮り話を聞こうとする姿勢を自ずととれるようになってきます。誰かが話しているときは聞く姿勢、自分が話すときには話す姿勢…。なんだか糸電話と似ていますがコミュニケーションの根幹を培っている時間なのだとも感じられます。

関連記事

  1. いつか綺麗になる為に

  2. いってきます!

  3. 一緒の楽しさ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。