冬の朝

 新しい年が明けてはや1週間ほど。北風は強く、日差しは柔らか。川口園の子どもたちが近隣の神社公園へと散歩に出かけました。

「また、お料理するの~」と2歳と1歳の女の子。

「つくる~」とみんなが集まってきます。

次第に人数が集まり木の幹に落ち葉や実を敷き、ちいさな手と指たちがかわいい料理を始めていました。去年からこの場所でのこの遊びは楽しまれていたようで、子どもたちはそれを覚えて遊びの継続を楽しんでいます。

「保育園に行ったらこんな楽しい遊びができる!」…ということを幼い心でちゃんと覚えていてくれたのだという嬉しさと、遊びをみんなで共有できるようになった心の成長に喜びを感じます。

関連記事

  1. 自然に寄り添えるということ

  2. 大きくなったかな?

  3. 8月6日と9日によせて

  4. 今日は卒園式

  5. あかりをつけましょ ぼんぼりに

  6. 風の強い日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。