口をとがらせて…その2

前回に引き続き今回も口をとがらせてフーっと優しく吹き上げます。

今日はタンポポの綿毛を飛ばそうと頑張ってフーフー吹いている女の子。

まだまだ綿毛が若く、がくから離れていきません💦

先生が代わりに持って、フーッと吹いて飛んで行く綿毛を見送りながら目はキラキラ輝いています。

人工のシャボン玉と自然のタンポポの綿毛…どちらも子どもたちの好奇心を膨らませる素材としては甲乙つけがたいですね。何を手に取るか…保育ではそのねらいに応じて変えていくものですが子どもが興味関心を持ったものを積極的に手に取ってみる。保育者にはそんな貪欲さが必要になってきますね。

関連記事

  1. 生きているって不思議

  2. トンネルのなか

  3. ザラザラ!チクチク!

  4. 遠くに響く電車の音

  5. 落ち葉踏み分け 歩く子の…

  6. ビオトープ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。