いってらっしゃーい

生活の一部に電車を身近に感じられる東川口園は、電車が特別な物ではありません。ごくごく自然に生活の視覚や聴覚に入ってきます。が、不思議と散歩先や散歩の移動の際に電車に遭遇すると、手を振る子や声を掛ける子などが現れます。

子どもたちにとってまだまだ好奇心の対象である電車。その電車が身近に感じられるのは本当に良い環境なのだと感じさせられます。

いつぞや私が関わってきた保護者の中で南千住の操車場付近のタワーマンション上層階に転居をされました。なぜ操車場付近に居を構えたのか理由をお聞きしたところ

「小さいころから電車が好きで、電車のそばで生活をしたかったから」というものでした。

本当に素敵な理由だと思います。そして、子どもたちも当たり前に感じられる素晴らしい生活環境の中で大きく、感性豊かに育っていってほしいと思います。

関連記事

  1. 空を見る事、地面に寝そべる事

  2. ようやくの水遊び

  3. 園のお庭でお砂場遊び

  4. これなーに?

  5. お部屋で雪合戦!

  6. 桜を見る会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。