認可外保育施設の立地条件について

認可外で保育園を始める際は、以下の部分に留意しなくてはなりません。

・ビルテナントでは厳しい

・出来るだけ競争が少なく、市場の大きい地域を選ぶ

・教育を強化する(教室化)

・学童保育も含めて預かり年齢を広げる

・1階立地

待機児童がいれば、単に託児をやれば嫌でも園児は集まりますが、そうでない地域は、

そのような「環境創造」だけでビジネスが成立するほど甘くはありません。

要するに、付加価値が必要になるのです。

また、元々認可保育園や公立保育園のイメージが強いため、ビルテナントや2階、3階という場所に預けることの抵抗感がとても強いのです。

要するに、できるだけ認可保育園に近い雰囲気を創り、認可ではやらないサービスを強化し、小さい市場の中でも預かり年齢を広げることで商圏人口を増やすという方策を考えなければいけないということです。

認可外だけでなく認可保育園も同様です。 詰まるところ、経営を真剣に考えなければいけません。

関連記事

  1. 保育園経営について

  2. 初投稿

  3. 病児保育について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。